渦巻くモヤモヤをやっつけよう|デトックス茶で蓄積した毒素を排出

ウーマン

間食を適度に取り入れる

スイーツ

午後に間食を取る

ダイエットにはおやつは大敵と言われたりしますが、おやつ自体が悪いのではなくおやつの内容や食べるタイミングにもよります。むしろ、おやつを適度に取ることでストレスを減らしダイエットが成功した後に反動でリバウンドしてしまうリスクを減らすことが出来ます。また、ダイエット中はお腹が空きやすくなるので一度の食事量が増える傾向にあるためおやつを取ることで食事の量を減らすことにもつながります。人は、一日のうちで14時ごろから15時くらいまでの間が最も太りにくいと言われています。そのため、その間におやつを食べれば脂肪になりにくくダイエットが続けやすくなります。おやつを食べる時間を限定して食べると良いと言えます。

低カロリーで満腹になる

おやつはどんな食べ物でも好きなものを食べてよいというわけではなく、低カロリーで満腹感が得られやすいものを選ぶと良いです。水分量の多いゼリーやこんにゃくが入った健康食品であれば、食べ応えがあり満腹感が得られやすくカロリーも低いので重宝されます。その他にも、ドライフルーツが入ったものなどは同時にビタミンも取れて美容にも良いです。ダイエット中は、食事制限をするにもハードな運動を行うにも何かとストレスが溜まりやすい環境となっています。食べたいものを我慢したり間食も一切禁止にすると、ストレスが余計溜まりやすくなるため低いカロリーであまり空腹にならないような健康食品をおやつとして取り入れると良いでしょう。